• The added line is THIS COLOR.
  • The deleted line is THIS COLOR.
* GrADSメモ [#bf4d626d]
個人的なメモ書きです。別の(楽な)方法があればぜひ教えてください。誤りなどの指摘もよろしくお願いします。

#contents
** できたらいいな。 [#z0e70bf5]
ご存知のことがあれば、コメントしてくださいm(_ _)m

- ある2つの面的な時系列データの、同じグリッド同士の時系列データの相関係数分布の表示。
- ある面的データの、球面調和関数スペクトルの算出
- [Done]テキスト出力のファイルへの保存。 -- [[kei]] &new{2007-08-01 (Wed) 13:33:06};
-- 自作した。[[./textout]]
-- UDFを使うともっと気の利いたものが作れそう。たとえば[[ここ:http://web.sfc.keio.ac.jp/~masudako/class/computer/grads/write.html]]のような。
- きれいな画像の保存(printimの解像度はずいぶん低いので…) -- [[kei]] &new{2007-08-01 (Wed) 13:34:39};
-- [[ここ:http://wind.geophys.tohoku.ac.jp/index.php?%B8%F8%B3%AB%BE%F0%CA%F3%2FGrADS%2FGrADS%A4%CETips#content_1_11]]で書かれているように、epsとして保存するのがベター。 --  &new{2007-11-07 (Wed) 10:50:21};
- [Done]鉛直断面図に、地形マスクをかける。 --  &new{2007-08-15 (Wed) 14:55:58};
-- できたっぽい。[[ここ:http://meteora.ucsd.edu/~kyoshimura/?IT%20memo%2FGrADS%20memo#zca6364e]]参照 --  &new{2007-11-07 (Wed) 02:17:21};
- 気圧面データから高度毎の分布を描く。 -- [[kei]] &new{2007-11-07 (Wed) 02:37:56};

#comment2_kcaptcha
** 初級編 [#ne1495fb]
*** 入手とインストール [#q08e343d]
- http://www.iges.org/grads/downloads.html から自分にあったものをダウンロードする。バイナリでとってくればコンパイルいらずなので便利。Windowsでも一応動くが、重い。
- 好きな場所にバイナリを保存し、環境変数GADDIR, GASCRP(, GAUDFT)をセットする。GAUDFTは、ユーザー定義関数を作ったときに必要になる。csh系では、~/.cshrcにて以下の変数を定義する。
 setenv GADDIR /home/kei/GrADS/lib
 setenv GASCRP /home/kei/GrADS/lib
 setenv GAUDFT /home/kei/GrADS/udft
*** 基本コマンド [#ka13f62e]
- open '''controlfile'''
-- netCDFの場合は sdfopen '''ncfile'''
- d '''expr'''
- set x (y, z, t) '''num1''' '''num2'''
- set lon (lat, lev) '''val1''' '''val2'''

*** 出力形式 [#r8dfc3a3]
 set gxout outputtype
- よく使うのは、contour, grfill, shaded, vector, scatter 等
- ベクトル表示
 d u;v
 d skip(u,2,2);skip(v,2,2) # 間引き

*** 演算 [#k48da11c]
- 変数同士の四則計算 
 d var1*var2
- 組み込み関数(ave,sum,log,pow(x,y), sqrtなんかが使用可能)
 d ave(var,t=1,t=24) # ネスティングも可能
-気圧重みづけ鉛直積分(可降水量など)
 d vint(sfcprs(hPa),expr,end pressure (hPa))
 d vint(pressfc/100,spfhprs, 10) # 例
-収束
 d hdivg(xexpr,yexpr)
*** 複数のctlファイルからデフォルトを選ぶ [#s8b27839]
 set dfile num

*** ある値以下(以上)をマスクして表示. [#t0dc9ce8]
 d maskout(var,var-10) # 10以上の値を表示
*** 背景を白に [#u0ae3517]
 set display color white
*** 中間の値に色を塗らない [#o3eb4be0]
 set black -0.2 0.2 # -0.2から0.2は塗らない
- 背景色(色番号1)を塗っているので透過はしないことに注意。
*** カラーバー表示 [#ifdadf20]
 run cbar # fg,bgなし
 run cbarn # fg,bgあり
- オプション
 run cbarn 大きさ 水平0/鉛直1 x位置 y位置
*** タイトル、軸ラベルをつける [#l2b308c5]
 draw title xxxxx
 draw xlab (ylab) xxxxx

*** プリントアウト [#h478b559]
 enable print hoge.gx
 print
 disable print
 ! gxps -c -i hoge.gx -o hoge.ps
  # -c -rで黒背景。

''追記'':printimというコマンドを使えば一発。
 printim tmp.gif gif white
*** バイナリで保存。(データの切り出しなど。) [#yfd495b1]
 set fwrite xxx.dat
 set gxout fwrite
 set x (y,z,t, etc.) x1 x2
  ここで、xを設定しなおさないと、なぜかxmax+1まで保存されてしまう。
  時系列に保存したい場合は>set t t1 t2 など。
 d var
 disable fwrite


** 中級編(scriptを使ったり、デフォルト以外の関数を使ったり) [#m99c2ebc]
*** scriptで引数を使う [#c8634a3b]
function main(args)をスクリプトの頭で定義する。
 (example)
 function main(args)
 var1=subwrd(args,1)
 var2=subwrd(args,2) 
 ...

*** テキスト出力 [#q8b92338]
 set gxout print
 set prnopts %10.3e 1 1 # 小数点以下3桁、一列に表示、ブランクは一文字分
画面に出たものをファイルに保存するやり方がわからん!コピペするしかないのか??スクリプトなら何とかなりそうだけど。。。

結局、fwriteでバイナリ出力したものをテキストでファイルに書き出すコードを作った。[[./textout]]

*** (線の)凡例をつける。 [#wadc5e9d]
- cbar_l.gs/cbar_lineが便利。http://www.iges.org/grads/gadoc/library.html
- デフォルトの線種をそのまま使用したい場合は、
 cbar_l -t "line1" "line2" "line3" -p
で、画面のクリックした位置にレジェンドを付加できる。線種をカスタマイズしたいときは
 cbar_line -c 色 -m マーカ -l ライン -t "テキスト" -p
として、各項目に番号を振る。ちなみにGrADS標準は下記の通り。
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|Num|Color|Line|Mark|h
|1|1|1|2|
|2|3|1|3|
|3|7|1|4|
|4|2|1|5|
|5|6|1|1|
|6|9|1|2|
|7|10|1|3|
|8|11|1|4|
|9|12|1|5|
|10|15|1|1|

*** アニメーション [#wa2e5324]
普通に
 set t 1 10
 d var
でできるが、コマ送りが早すぎなどという問題点がある。ftp://grads.iges.org/grads/scripts/xanim.gs を使うとさらに便利。
 set t 1 10                  # 同じ
 xanim -pause -grfill var    # マウスクリックでコマ送り(かつgrfillで表示)
 xanim -skip 4 -repeat 5 var # 4コマ目ごと、5回繰り返し
など。オプションは変数より前にないとダメらしい。
*** 画面内の分割 [#r45672ca]
page.gs (ftp://ftp.cpc.ncep.noaa.gov/wd51we/grads/page.gs)が使える。
 page q1 # 右上
 d var1
 page q2 # 左上
 d var2
という具合。元に戻すには
 page reset
*** 移動平均の図化 [#v1a0d530]
 set t 1 100               # 例えば。
 define a=ave(var,t-0,t+9) # 前方10個平均。define省略可。第二引数はtだけだとダメ。
 set missconn on           # 欠損は無視してつなぐ。
 d skip(a,10)

*** 領域平均値の時系列グラフ [#o6ebda69]
 set t 1 100
 define a=aave(var,lon=-180,lon=180,lat=-90,lat=90) 
     # 面積重みつき全球平均
 set x 1 # Lineを書くため、Xを固定(値は何でも良い)
 d a
- aaveは、値を返してくれるが直接図化はされないため、一度defineする必要がある。

''追記'':tloopを使うとdefineする必要はない。
 set x 1
 set y 1
 d tloop(aave(var,lon=-180,lon=180,lat=-90,lat=90)
*** 統計情報の表示 [#qd5ec259]
 set gxout stat
 d var
  欠損値の数や和、標準偏差、分散などが表示される。
  sublin, subwrdなどで取り出して使用することが多い。

*** 相関係数の算出(時間変動) [#p1c5e4ec]
ある時間軸一次元のデータの、領域全体の時系列変化に対する相関係数を計算する。
 set t 1 100
 define tmp=aave(var,lon=-180,lon=180,lat=-90,lat=90)
 set t 1
 d tcorr(tmp,var,t=1,t=100) 
  # 全球平均値tmpの変動に対しての、全グリッドの時間変動の相関を表示

*** 相関係数の算出(空間変動) [#nc91edce]
同領域2変数の空間相関係数を計算する。
 d scorr(var1,var2,lon=-180,lon=180,lat=-90,lat=90)
  # var1とvar2の全球空間分布の一致度(相関)を表示
同様に、回帰直線の傾きは以下のようにして求められる。
 d sregr(var1,var2,lon=-180,lon=180,lat=-90,lat=90)

*** 両対数グラフの作成 [#oc9fb30a]
GrADSには、Z軸に関してのみ対数軸が用意されている(set zlog on)が、X,Yに関しては存在しないため少々面倒。

対策は2通りある。ひとつは散布図(set gxout scatter)を使う方法、もうひとつは対数で描画したい横軸をZ軸としてデータ及びctlファイルを作成しset xyrev on/set zlog onを使う方法。前者は簡単だが点と点を結ぶ線を引けない。後者はデータを作り直さなければならず少し厄介だが、きれいな図が描ける。
- 両対数グラフ/scatter使用時
散布図にしてXの値・Yの値にlogをかける。
 set gxout scatter
 set vrange X1 X2   #通常の線グラフならY軸に対応するが、散布図ではX軸
 set vrange2 Y1 Y2
 set digsiz 0.1   #デフォルトの点は若干小さいので大きくする。
 d log10(lon);log10(var)
- 両対数グラフ/zlog使用時
描きたい図の横軸をZ軸にしたデータとコントロールファイルを作成。(元々のZ軸はX軸にしたりする。)
スペクトルの表示に便利。
#ref(KE3_18_w.gif,right,around,zoom,160x120)
 set x 1       #(実際は)高度を指定
 set z 1 300     #両対数グラフのX軸とするべき軸の範囲を指定
 set zlog on     #Z軸を対数表示
 set xyrev on    #描画領域のXYを入れ替え
 set xlevs 1 2 5 10 20 50 100 200 300 #X軸のアノテーションを指定(指定ナシも可)
 set cmark 0     #マークを描かない
 set cthick 6    #線を太く。
 d log10(var)    #変数varを対数表示。
*** 平均日変化グラフの描画(平均季節変化グラフも同様) [#v6f47a7c]
Diurnal PatternやSeasonal Climatologyを算出するにはaveに時間ステップを指定してそれぞれの平均を取ると良い。
 set t 1 4  # tを日変化なら4ステップというように適当に設定。
 set x 1
 set y 1     # tloop用。
 d tloop(ave(aave(var,lon=X1,lon=X2,lat=Y1,lat=Y2),t-0,t+120,4))
    # ミソはaveの設定。はじめに設定したt=1,4のそれぞれから4つ飛び
    # で平均を取る。
あーラクチンだねー。

*** グラフの中にグラフを書く [#ec973226]
vpageを使う。ただ、位置などの微調整が難しい。
#ref(KE_9_2.gif,right,around,zoom,160x120)
 # 現在の座標情報を得る(あくまでも目安)
 q gxinfo
 # gxinfoの情報を元に、背景色の四角を書く(透けるのを避けるため)
 # 次のvpageの座標と同じにしても良いが、余白を少なくするには微調整が必要。 
 set line 0
 draw recf xlo ylo xhi yhi
 # 続いてvpageを設定。良い位置にするにはかなり細かい調整が必要。
 set vpage xlo xhi ylo yhi
 # X-Yラベルのフォントサイズを変更(そのままでは縮小される)
 # デフォルトが 色番号=1、太さ=4、大きさ=0.12 らしいので、参考にする。
 set xlopts 1 2 0.3
 set ylopts 1 2 0.3 
 # gradsのロゴなどをはずす
 set grads off
 
 そして普段どおり描く。塗りつぶしの図なんかの場合は背景の四角はいらないね。
 vpage以前の設定は持ち越されないので注意。

** 上級編(UDF使ったり、station data使ったり) [#o4686eb8]
*** UDF設定方法 [#n8d866dd]
- UDFTファイルの場所を環境変数GAUDFTに記述
- 関数が増えるたびにUDFTファイルに追記していく。

*** 空間内挿(lterp) [#yed267f9]
- 便利な空間内挿関数。時間を動かせないのでそうしたい場合は少し面倒。もともとetaについてくる関数っぽい? 
- Googleで探してもソースが出てこないので、ここに貼り付けてしまう。オープンソースでしょう。たぶん。&attachref(lterp.tar);
- 使い方
 d lterp(var1.1,var2.2) # var1.1: 内挿前 var2.2: 内挿先
 d lterp(var1.1,var2.2)-var2.2 # などという演算が可能となる。楽。
- 注意点
-- 鉛直内挿ではない。
-- 鉛直レベルが同じだと、鉛直方向にも同時作業してくれる。
-- 解像度が異なるデータで、ある点の時系列を同時に描画したいときには、前もってdefineする必要がある。
*** 任意の断面図 [#ea4a6ac9]
- gr2stn, collect, coll2grを使用。が、鉛直分布「しか」描けないなど、かなり限定的にしか使えない。
-スクリプト例
 'reinit'
 'open /home/kyoshimura/IsoRSM/cal10km/200702/r_pgb_prs.ctl'
 'set grads off'
 'set zlog on'
 'set x 1'
 'set y 1'
 'set lev 1000 200'
 lon1 = -123.22
 lon2 = -120.82
 lat1 = 38.61
 lat2 = 39.20
 lon = lon1
 'collect 1 free'
 while (lon <= lon2)
   lat = lat1 + (lat2-lat1)*(lon-lon1) / (lon2-lon1)
   'collect 1 gr2stn(pwat,'lon','lat')'
   lon = lon + 0.1
 endwhile
 
 'set x 14 16'
 'set xaxis 'lon1' 'lon2
 'set clab on'
 'set gxout shaded'
 'd coll2gr(1,-u)'
 'run cbarn'

*** 鉛直分布図などに地形マスクをかける [#zca6364e]
#ref(x-sec_06Z13FEB2007_38.571.gif,right,around,zoom,160x120);
- 参考図(→右の図)
- やり方
 set z 1 10
 define tmp=pressfc # 全層に表面気圧を入れる
などとやってから、 数多くの正値の太いコンターでd lev-tmp/100を表示させる。
 set clevs 0 5 10 15... # コンターの間に空白がなくなるように、必要なだけ延々と書く。 
 set ccolor 15 # 灰色
 set cthick 6 # 太いほうが良い
 set clab off # コンターラベルはなし
 d -(tmp/100-lev) # 描画
-失敗例
-- 鉛直図を描いた後、set z 1 などとして線などで標高を描こうとしても、軸がずれてしまう。
-- d maskout(lev-tmp/100,lev-tmp/100)などとやると、角ばったマスクになる。
-- gxout shaded でマスクしようとしても、「透過色」を指定できないのでうまくいかない。
*** 鉛直分布図と非鉛直分布図を同時に描く。 [#u109dfd9]
- 参考図(→上の図)
- やり方:vpageをうまく使って調整する。
- 例:&attachref(CZC-ALT.gs);参照
** NetCDFファイルの読み込み [#k92a27aa]
*** COARDS規約のファイル [#if3f099e]
 sdfopen XXX.nc
するだけ。
*** 読めそうだけどsdfopenが効かない場合 [#d30c4d73]
簡素版コントロールファイルをつくってxdfopenする。
 xdfopen test.ctl
[[SWINGデータ:http://atoc.colorado.edu/~dcn/SWING/database/clim_s1a/monthly_data.php]]用のサンプル→&attachref(s1a.echam4.ctl);
- templateオプションが効くが、たまにSegmentation Faultしてしまう。(特に、演算による時系列アニメで、ファイルをまたぐ場合)

** Office使いのための論文用画質維持について [#t14eb7c4]
- 複数の図を一枚のパネルにする際、パワポで切り貼りしてワードに貼り付けるという手法は、論文だけでなくそのまま発表にも使えて便利。
- が、論文最終段階で、そのパネルを画像(Tiff or eps)として提出する場合、画質がかなり落ちる。(画面上の画質と同じになる(?))
- 対処法としては、
-- パワポで、複数の図からなるパネル(背景含む)を全部選択し、右クリックで「画像として保存」を選択、「拡張メタファイル(.emf)」で保存。
-- emfファイルを開く。(デフォルト設定でWindowsの画像Viewerが起動する)
-- tiffファイルとして保存する。
- ただ、かなりむだに容量が大きくなるのが困り者。
** 注意点アレコレ [#ea5481a4]
- sumとaveの違い
 ave(var,t=1,t=10)*10 と
 sum(var,t=1,t=10) は同じではない!原因は欠損値の取り扱い(下記参照)。
- 時間平均→空間平均にすべし。
 sum(aave(var,lon=0,lon=360,lat=-90,lat=90),t=1,t=10) と
 aave(sum(var,t=1,t=10),lon=0,lon=360,lat=-90,lat=90) は異なる。後者が正解。
- 2変数以上の積の変数を平均(もしくは積分)する際、変数の積→平均(積分)すること。
 F=A*Bのとき 
 (Fの平均)=(Aの平均)*(Bの平均)+(A及びBの偏差の共分散)。
 相関が0のときは上の共分散もゼロ。共分散=(A,Bの相関)*(Aの標準偏差)*(Bの標準偏差)
 
- 一方、2変数以上の和なら順序が逆でもOK。(まあ、当たり前)→欠損値に注意(下記参照)
 F=A+Bのとき
 (Fの平均)=(Aの平均)+(Bの平均) or (A+Bの平均)

- 上記は、偏微分式でも適用可能。すなわち
 F=▽・(A,B)=∂A/∂x+∂B/∂yのとき (例えば収束)
 (Fの平均) = ∂(Aの平均)/∂x+∂(Bの平均)/∂y = (∂A/∂x+∂B/∂yの平均)

- 鉛直積分収束量計算:鉛直積分→水平微分の順。
 数学的には
 ∫(∂(q*u)/∂x)dp と ∂(∫(q*u)dp)/∂x (鉛直積分⇔水平微分)
 は同値だが、GrADSにおいては地表面付近の∂(q*u)/∂x がおかしくなるため
 (欠損があるため)、∂(∫(q*u)dp)/∂x (鉛直積分→水平微分)を使ったほうが良い。

- 欠損値の取り扱い
 変数同士の演算 → 全て欠損値を返す(要注意!)
 sum → 欠損値をゼロとして(欠損値を飛ばして)計算 
 ave → sumの結果を欠損値を除いた個数で割る。

- 欠損値の取り扱い2
 変数同士の演算ですべて欠損値を返すため、
 ave(var1,t=T1,t=T2)-ave(var2,t=T1,t=T2) と ave(var1-var2,t=T1,t=T2)
 は異なることがある。
 ave(var1-var2,t=T1,t=T2) と等しくなるのは
 ave(maskout(var1,var2+1e30,t=T1,t=T2)-ave(maskout(var2,var1+1e30),t=T1,t=T2)
 である。1e30というのは、var1のとりうる範囲が-1e30以上、ってことにしているから。