複数のctlファイルを開けて,それを選ぶ

> set dfile 番号

ある値以下{以上}をカットして表示.

> d maskout(var,{-}var {値})

シェード{コンター}で表示

> set gxout shaded {contour}

平均

> ave(var,t=1,t=24)など.ネスティングも可能

演算

  • 変数同士の四則計算,ave,sum,log,pow(x,y)なんかが使用可能.

カラーバー表示

> run cbar --> fg,bgなし
> run cbarn --> fg,bgあり

ヴェクター表示。

> d u;v
間引きしたいときは
> d skip(u,2,2);skip(v,2,2)

プリントアウト

> enable print hoge.gx
> print
> disable print
グラッズ終わってから
% gxps -c -i hoge.gx -o hoge.ps

タイトルつける

> draw title xxxxxxxxxxx

netCDFを読む

% gradsnc
> sdfopen xxx.nc
> q file など

バイナリで保存。(データの切り出しなど。)

> set fwrite xxx.dat
> set gxout fwrite
> set x (y,z,t, etc.) x1 x2
 ここで、xを設定しなおさないと、なぜかxmax+1まで保存されてしまう。
 時系列に保存したい場合は>set t t1 t2 など。
> d var
> disable fwrite

収束->ラクチン!

> hdivg(x方向フラックス,y方向フラックス)
鉛直積分値があればそのまま使えるし、下のvintを使って各高度の値から鉛直積分を求めても使える。

可降水量

> vint(地表気圧(mb単位), 変数(比湿等), 上がどこまで(定数))
多分、ある層からある層までを区切る、なんてことはできない!?
気圧を重力加速度で割る、という作業はすでにされているようだ。

背景を白に

> set display color white

中間の値に色を塗らない

> set black -0.2 0.2 (-0.2から0.2は塗らない)

(線の)凡例をつける。

  • cbar_l.gs/cbar_lineが便利。http://www.iges.org/grads/gadoc/library.html
  • デフォルトの線種をそのまま使用したい場合は、
    > cbar_l -t "line1" "line2" "line3" -p
    で、画面のクリックした位置にレジェンドを付加できる。線種をカスタマイズしたいときは
    > cbar_line -c 色 -m マーカ -l ライン -t "テキスト" -p
    として、各項目に番号を振る。

ちなみにGrADS標準は下記の通り。

NumColorLineMark
1112
2313
3714
4215
5611
6912
71013
81114
91215
101511