• The added line is THIS COLOR.
  • The deleted line is THIS COLOR.
* Peters, W. et al., 2005 (JGR) [#xc028e6d]
Peters, W. et al., An ensemble data assimilation system to estimate CO2 surface fluxes from atmosphereic trace gas observations, JGR, 110, D24304, doi:10.1029/2005JD006157, 2005

- Category: Assimilation
- Summary: CO2フラックスの同化を試したはじめての論文(らしい)。
- Read Date: 2006-08-01

//[body]
* Message [#cd1a0069]
- CO2フラックスの同化を試したはじめての論文(らしい)。
- 観測されたCO2濃度がどこから来たのか、という逆問題を解く手がかりとして。
- CO2濃度観測(2460個/年/全球)を使用(これもPseudoなのかもしれない?)。
- 陸はSiB、海は気候値のCO2フラックスを観測値とする。(Pseudo)
- TM5という全球Tracer Transport モデルを使う。
- 同化システムはSEAT-Aという。
>
+ TM5にイニシャルCO2濃度、Surface CO2 Flux、Atmospheric forcingsを入力し次のtime stepのCO2濃度を求める。
+ そのCO2濃度を観測値と比較し、CO2フラックスを補正する。(EnKF)
+ 補正したCO2フラックスを使ってさらに次のCO2濃度を求める。
+ EnKFで補正する→繰り返し。
* Question [#b6bbd53c]
- 数式がほとんど分からなかった。
- "True flux"というのが分からない。"Pseudo data"以外にも何かがあるのか?同じデータをバックグラウンドと答え合わせに使用していたら、意味なくないか?
- 観測のCO2濃度とPseudoのCO2 Fluxの間に不整合はないのか?だから同化させて、同じものと比較しているのかも知れないが…。

* Memo [#mc8403f5]

*Comment [#w059482e]
#comment