// 改行を反映するか
#setlinebreak(off)
**Tax Return 2008 [#cf8536d2]
アメリカでの確定申告にあたる、Tax Returnの締め切りは毎年4月15日。去年までは、J1 visaによる特別条項によってnon-resident alienという区分けになり、さらにアメリカ国内での収入がゼロだったのでexempt individualの申請書類(Form 8843)一枚を提出するだけでよかったのだが(2006年渡米なので、06,07がExemptになる)、今年からはresident alienとなり、US Citizenと同じ手続きが必要になった。

要するにForm 1040というやつだが、調べてもわかる気がしないし、周りに聞くと有償の民間ソフトを使ってE-filing(電子申請)するのが手っ取り早いというので、僕もそうしてみた。というわけで、一番メジャーっぽいTurbo Taxをonlineで利用。基本的に質問事項に答えていくだけで、特にややこしいこともなく、1時間半くらいで終了。19ページの書類が適切に埋まった。すごい。

Free editionを利用したのだが、federalへのE-filingはfreeでも同じ情報を使ったstateへのE-filingは有料、という仕組み。うまく商売してる。実際、federalまでE-fileしてstateは手書きというのはかなりめんどくさいのでお支払いした。費用は$30.95。手書きなら数時間はかかっていただろうので、気分的に安いもんです。それ以上にrefundされるようだし。(二人で600ドルの定額給付金があるみたい。知らなかった。)


#setlinebreak(default)
CENTER:

RIGHT:
&size(10){category:[[Life>:config/plugin/calendar/_category/Life]] author: ''kei'' at 2009-03-29 (Sun) 01:21:55};
//-- comment --
----
#comment2_kcaptcha