IT memo/GrADS memo

How to handle Ensemble Data with GrADS2.0

GrADS2.0からアンサンブルデータが扱えるようになりました。

Installと旧バージョンとの並存

  • Install: Ver1.9までと同様に、http://www.iges.org/grads/downloads.htmlからダウンロードしたものを展開するだけでよい。(Linux使用時)
  • 旧バージョンをは別ディレクトリに展開し、GASCRPなどの環境変数は前までどおりに使うのがよさげ。(自作のスクリプトなどに互換性がない場合が考えられるため)
  • 旧バージョンbin内に、新バージョンcommandへのソフトリンクを貼れば便利。
    (example)
    [kei@atlas bin]$ ln -s ~/grads-2.0.a5/bin/grads ~/GrADS/bin/grads2
    [kei@atlas bin]$ ln -s ~/grads-2.0.a5/bin/gribmap ~/GrADS/bin/gribmap2

データファイルの形式

コントロールファイルの形式

演算例

  • Ensemble mean
    > d ave(hgtprs,e=1,e=40)
  • Standard deviation of ensemble members
    > d sqrt(ave(pow(hgtprs,2),e=1,e=40)-pow(ave(hgtprs,e=1,e=40),2)) 
      # sqrt of population variance
    > d sqrt((ave(pow(hgtprs,2),e=1,e=40)-pow(ave(hgtprs,e=1,e=40),2))*40/39)
      # sqrt of sample variance