// 改行を反映するか
#setlinebreak(off)
**hybrid奮闘記 [#y1df1941]

先週まで:gfidiとSemi-implicitのHybrid化、RAS以外の物理過程へのHybrid導入完了。使ってもいない配列をshalcvから呼ぶだけでなぜか結果が変わる、という変な現象が起きるが、たぶん最適化オプションとかの影響でしょう。。もしくはランダム生成に影響するのかも。

26(月):2次元になっているRASを1次元のまま使えば?という助言をいただき、それでうまくいった。バンザイ!P面出力アルゴリズム(subpgb)の修正に移る。

27(火):subpgbでもshalcvと似た問題が起きている。ただ、あまり大きな影響ではない。chgrをhybrid化し、実際のHybridを試す。最上層で気温が急上昇するエラー。

28(水):chgr、pgbの修正。上層昇温の原因は、Hybridで層厚が小さすぎたこと(或いはzero)。よる、coeffiecientでの問題を解決。バグはすべて取り終えたのに、RSMDが上層で20mにも及ぶのが問題。
28(水):chgr、pgbの修正。上層昇温の原因は、Hybridで層厚が小さすぎたこと(或いはzero)による。あと、Helmholz coeffiecientの問題も解決。バグはすべて取り終えたのに、RSMDが上層で20mにも及ぶのが問題。

29(木):Henryに直接聞いたり色々さらなる調査を行った結果、これ以上の改善は難しい、というわけで終了。HybridのTendency計算(GFIDI)そのものに問題があるかもしれない。すべての物理過程が2次元化されたので、それらのファイルをcommit。70ファイルくらい。

当初1週間くらいで、と思ってたのに時間かかりすぎー。
#setlinebreak(default)
CENTER:

RIGHT:
&size(10){category:[[Research>:config/plugin/calendar/_category/Research]] author: ''kei'' at 2009-01-30 (Fri) 00:17:37};
//-- comment --
----
#comment2_kcaptcha