// 改行を反映するか
#setlinebreak(off)
**Climate2013 Memo [#re9f221e]
*Climate2013 [#yb6dcc1b]
-- Lawrence Berkeley National Lab.
-- Located at mountain behind UCB.

** Exa computing [#adac18f8]
- Sumi
-- 15th conference

- Horst Simon (LBNL)
-- Hopper -> Edison (>2PFlops)
-- Aiming "Carbon Cycle 2.0" in 2100: 7.5MtC/PWh
--- Previously Carbon Cycle 1.x (2012AD): 60MtC/PWh
-- iESM and AmeriFlux

- Tomita (Riken)
-- 4 machine types: General, Capacity-Bandwidth, Reduced Memory, Through-Put
-- アプリサイドのニーズには届かない見込み(ギャップは3-5倍)
-- 製薬・防災・エネルギー環境・経済・その他(宇宙・地球・物理など)

- Michael Wehner: High resolution climate modeling
-- 久々。
-- 25km CAM5.1 → TCやハリケーンの再現性が向上。ただし、地域による違いや年々変動(特に近年)はまだまだ。
-- SST+2KえCat5は増加する(弱いのは減少)。低解像度実験とは異なる結果。

- Yoshio Oyanagi (Kobe)
-- 京のあらまし。

- John Shalf (LBNL)
-- Exaはハードウェアだけの問題ではない。
-- Dataの輸送がボトルネックとなる。(?)

** Big data [#g7452bf1]
- Shuichi Iwata (UT)
-- 1 million scientific papers in a year

- Wes Bethel (LBNL, visualization group)

- Jitendra Kumar (Oak Ridge NL)
-- Data mining of CMIP
 
- Prabhat (LBNL)

** Climate Prediction [#s4f11c4f]
- Tom Delworth (GFDL)
-- CM2.6 high-res ocean makes better climate prediction.

- Malcolm Roberts (MOHC)
-- 解像度依存の問題をいろんな角度からチェック。
-- ローカルリサイクリングの解像度依存(60kmくらいから収束):高解像の方がリサイクリングが弱い
-- TCはN1024(12km)でもまだ。
-- キネティックエネルギースペクトルの傾きが小さくなることについては、N1024の収束成分はまずまず。(トータルはまだ)

- Gokhan Danabasoglu (NCAR)
-- CORE-IIから10年ラン。そのままだと全然ダメ。バイアス除去してからやると結構良い。
-- 1991からのSAT上昇予測は初期条件による。

- Daniela Matei(MPI)
-- ECHAM6結合実験の低解像度高解像度比較
-- Predictability改良する。

- Tatebe
-- LETKF

- Daithi Stone (LBNL) C20C detection and attribution
-- http://portal.nersc.gov/c20c/
-- Okavango flooding
-- 基本的に近年。Natを何パターンかして、Histランと比較する、というのはいつもどおり(というかこちらが本家??)。

- Imada 
-- D&A of 2010 Russian Heat wave, Pakistan flood, Amazon drought & 2012 Japan flood.
-- Attributabilityは順に、Yes, No, Yes, No。結局Reproducibilityの違い?
-- Counterfactual
-- パキスタンでは、年々変動の再現性は悪いが、2010年についてはうまくいっている。なぜ?

**2日目 [#v7ccbd91]
- Jin Lee (ESRL)
-- Nonhydrostatic Icosahedral Model (NIM)
-- GPU使う。将来的にNCEP GFSの後継。
-- Physicsはそのまま。Radiation計算などはネックとなるかも。
-- Multiple GPUはまだ。

- Wedi(ECMWF)
-- T7999(2.5km)まで
-- 来年はT2047L137
-- Wedi et al, MonWeaRev 2013
-- Fast Legendre Transform (FLT)!!
--- はじめにルックアップマトリクスを作るらしい。
-- Hydrostatic

- Nishizawa (RIKEN)
-- Common Library
-- isotropic grid
-- コールドバブルテスト:1.5mグリッドだとフラクタル的な渦が発生して、全体の形が崩れる。

- Yashiro (JAMSTEC)
-- 400m Champion run
-- ストロングスケーリング(same problem size for all nodes)とウィークスケーリング(same problem size per node)

- William Skamarock (NCAR) MPAS
-- Hexagonal sttugard Cgrid

- Sawada
-- NICAM performance

- Kohei Kawano (JMA/MRI)
-- NHM -> ASUCA; More stable, conservative, and efficient.
-- No diffusion

- Kengo Nakajima (SCC, UTokyo)
-- Hybrid Parallel Programming Moel, Flat MPI is not realistic for exascale application.

- Mark Taylor (Sandia National Labs): CESM Atmosphere Model (CAM)
-- Finite Volume (FV)からSpectral Element (SE)へ。 
-- キュービックグリッド。

- Yuki Nishikawa (AORI)
-- Cut-sellからThin wall method for better representation of complicated topography
-- Advection formからFlux formへ。
-- 「Can you combilne the terrain following and thin wall method?」

#setlinebreak(default)
CENTER:

RIGHT:
&size(10)\{category:[[Meeting>:config/plugin/calendar/_category/Meeting]] author: ''kei'' at 2013-04-08 (Mon) 10:08:29};
//-- comment --
----